Googleアラートを使い情報収集に役立てよう!

こんにちは。

最近は花粉症で困っています。

薬を飲むと眠くなってしまうのでなるべく飲まないで過ごしていますが、大変です。

さて、今日はGoogleアラートを使った、情報収集の仕方についてお伝えしたいと思います。

Googleアラート

ビジネスをしていく上で、情報収集とはとても大事になりますよね。

Googleアラートは登録したキーワードを登録しておけば、新しい検索結果が見つかったときに、メールが届くようにすることができます。

たとえば、特定のニュースや製品、自分の名前に言及しているコンテンツに関する情報を受け取れます。

Googleが提供するアラート検索は今のところ、
ニュース、ウェブ、ブログ、総合、ビデオ、グループの6種類です。

登録

早速登録してみましょう。

こちらからアクセス

https://www.google.co.jp/alerts?hl=ja&tab=33&authuser=0

アラートの作成のウインドウに受け取りたい情報のキーワードを入力します。

あなたの気になるキーワードをどんどん登録しましょう。

本日は

  • Amazon
  • iPhone
  • 中国輸入
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • ipad mini 5

と登録してみました。

モザイクのついているキーワードは自分の会社です。

設定

設定を変更するには、[鉛筆マーク] をクリックします。

以下の設定を変更できます。

頻度

一日1回以下、週1回以下

を選べます。

ソース

自動、ブログ、ニュース、ウエブ、ビデオ、書籍、ディスカッション、金融から選べます。

特にこだわりがなければ自動でもいいですが、信頼するソースが欲しいときはニュースとかのみにしたほうがいいかもです。

言語

アラート対象の言語が選べます。

地域

アラート対象の国・地域が選べます。

件数

「上位の検索のみ」と「全ての結果」を選べます。

「全ての結果」を選ぶと件数が大変になりますので、「上位の結果のみ」を選びましょう。

配信先

受け取りたいメールアドレス(Gメール)を選びましょう。

良ければアラートを更新をクリックします。

メールにて受信

このようにキーワードに沿った記事が配信されます。

演算子を使う

普通のGoogleでの検索と同じように演算子を使うことができます。

or検索

2つ以上のキーワードを入力した場合に、
双方の語句のいずれかを含むWebページを検索する。


このようにiPhone、iPadどちらかのキーワードにヒットしたページが表示されます。

AND検索

2つ以上のキーワードを入力した場合に、
双方の語句を含むWebページを検索する。



このようにiPhone、iPad両方のキーワードにヒットしたページが表示されます。

NOT検索(マイナス検索)

2つのキーワードを入力した場合にマイナスの前に入力したキーワードは含みますが、
後のキーワードは含まないwebページを表示します。

apple – iPhone

といった使い方をします。

appleの記事のうちiPhoneが入っているのは取り除くといった使い方です。

これらの演算子は普通の検索でも使えますので、

欲しい検索結果を得るための効率化になるので是非覚えましょう。

アラートの削除

増えすぎたアラートは定期的に削除したほうがいいでしょう。

情報過多は決断を惑わせます。

Google アラートにアクセスします。
削除するアラートの横にある削除アイコン 削除 をクリックします。

最後に

このようにGoogleアラートを活用し、どんどん情報収集しあなたのビジネスに活かしていってください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加しています。今回の記事が少しでも参考になりましたらポチっと押していただけると嬉しいです!!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする