【危険物】Amazon・FBA倉庫に納品する申請。

こんにちは!

先日、Amazon物販の商材で危険物を扱う必要があったため、
危険物をAmazon・FBA倉庫に納品する方法を調べました。

一口に危険物といっても、いろいろありますよね。

本日は、Amazon、FBAで危険物の確認、販売申請方法に関しての記事になります。

そもそも危険物に該当する商品とは

■消防法、国際航空運送協会(IATA)によって危険物として輸送が規制されている商品をアマゾンでは危険物としています(リチウム電池単体またはリチウム電池を含む商品を除く)
■主に「危険物」に該当する条件
・ 商品またはパッケージに、「腐食性」、「可燃性」、「刺激性」、「有害性」、「環境に有害」、「有
毒」、「限定量」、「危険」、「まぜるな危険」などの警告が示されている
・ 引火点が250℃以下
・ スプレー缶に入っている
・ 圧縮されたガスである

危険物における FBAのご利用マニュアル

具体的な確認方法

まずは扱う商材が危険物であるかどうかを確認します。

ASINから確認

相乗り販売など、すでにASINが決まっている場合はASINから危険物かどうかの確認を行えます。

セラーセントラルのヘルプページから

ASINの検索のラジオボタンをチェック

次へをクリック


ASINを入力し

ステータスを確認するをクリックします。


この商品は危険物です。と表示されました。この商品をFBA納品する場合は申請が必要になります。

新規出品でASINがない場合は、Amazon出品大学の動画で危険物かどうかを確認しましょう。

危険物への理解(危険物に該当する商品例)|Amazon出品大学

危険物の取り扱いリクエストフォーム

危険物の取扱にはリクエストフォームからの申請が必要です。

ここから必要な項目を入力してリクエストできます。

注意


1.申請してから時間がかかる

申請を受けてから設定完了までに、1週間ほどかかります。


2.FBA危険物の出品は大口出品者様のみ。

小口出品者では納品できません。


3.納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ


「大型」に区分される商品は納品できません。


4.通常商品との同梱できない。


該当する商品は他の通常商品と分けて納品プランを作成し、輸送箱を分ける必要があります。


5.輸送箱の側面にラベルを貼付


A5サイズ以上で貼付してください。
複数箱での納品の場合はすべての輸送箱に貼付してください。

6.無地箱ダンボール(マルチチャネル)での配送不可。

危険物を他販路で販売するマルチチャネルでは、無地箱ダンボールの利用できません。

危険物商材

このような商材も危険物になります。一見、危険物と思えないものもありますよね。気を付けたいです。

マニュアル

こちらのマニュアルも一読してください。

https://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/FBA_Hazmat.pdf

最後に

僕は香水を納品しようと思ったですが、香水に関して危険物という認識がありませんでした。

仕入れる前にFBA納品プランを作成しておいてよかったです。

仕入れてから申請をするとなると時間がかかりますので。

他の商材もそうですが、仕入れる前にFBA納品プランを作成しておくといいと思います。

仕入れたはいいけど、Amazonで販売できない!といったトラブルがなくなるからです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加しています。今回の記事が少しでも参考になりましたらポチっと押していただけると嬉しいです!!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする