【リサーチ】Amazonリサーチ拡張機能、デルタトレーサー。

どうも!hiroです。

本日はAmazonリサーチでの究極の拡張機能と呼ばれている、

DELTA tracer(デルタトレーサー)について解説していきたいと思います。

デルタトレーサー

デルタトレーサーはグーグルクロームの拡張機能になります。

グーグルクロームをまだ導入していない方はこちらの記事をどうぞ。

本日は、ネットビジネスを行う上で必須のwebブラウザ、Google Chromeの導入の仕方をお伝えします。 ぜひ皆さんもDLし導入してみてください。

インストール


デルタトレーサーはこちらからインストールできます。


chromeに追加から追加します。

便利機能

実際にAmazonページで確認してみましょう。

①モノレートに移動


モノレートアイコンをクリックするだけで、モノレートに遷移できます。

商品ページを下にスクロールしていきます。


②FBA料金

ワンクリックでFBA料金シミュレーターに遷移できます。

③出品制限確認

出品できるかどうかを確認できます。

④新品カート

カート価格が表示されます。

⑤利益見込み

Amazon手数料とFBA料金手数料を引いた利益見込み金額が表示されます。

仕入れの目安にしましょう。

⑥出品数


ライバルセラーの数です。

相乗りの目安にしましょう。

⑦Amazon.co.jp

出品者Amazonです。出品者Amazonが出品しているときはここに表示されます。

出品者Amazonは強豪セラーなので必ずチェックしましょう。

⑧新品販売数

過去3ヶ月間の販売実績が表示されます。

⑨追跡機能

追跡開始ボタンから価格の変動に追跡をすることができます。

円の変動だけではなく、パーセントの変動でも追跡できます。

⑩グラフ


モノレートのようなグラフ表示になります。

もうモノレートいらない気がしてきます。

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の価格変動、出品者数、ランキング推移が表示されます。

⑪相場情報

相場情報の詳細が表示されます。

これもモノレートに似たような表示ページがあります。

⑫外部店舗価格

楽天、ヤフーでの販売額、そしてAmazon販売額との価格差が表示されます。

また青文字がリンクになっているのでクリックすることで、各ショップに遷移します。

⑬Keepa


Keepaが表示されます。

最後に

本日はAmazonリサーチで便利な拡張機能デルタトレーサーについて解説いたしました。

個人的にはデルタトレーサーとモノサーチを組み合わせたハイブリッド拡張機能が最強かと思います。

モノサーチの記事はこちら。

本日はAmazonでリサーチをする際に、便利なGoogle chromeの拡張機能、 せどり/モノレート対応/在庫数検索 モノサーチ拡張機能をご紹介いたします。 モノサーチを使うことでワンクリックでモノレートが開けたり、他モールサイトが開けたりとても便利です。 本日の記事を参考にぜひ導入してみてください。

ぜひ本日の記事を参考にAmazonリサーチを効率化していってください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加しています。今回の記事が少しでも参考になりましたらポチっと押していただけると嬉しいです!!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする