【Amazon】FBA倉庫、要消費期限商品の納品②

こんにちは。
本日は前回の記事に引き続き、Amazon、FBA倉庫に消費期限、賞味期限商品の納品に対しての記事を書きたいと思います。

前回の記事はこちらです。

本日は、Amazon倉庫に賞味期限商品の納品について解説いたします。 一見、難しそうなルールですが、すぐに理解できますので最後までご覧ください。

申請

消費期限(趣味期限)の印字が無い食品の場合

消費期限のない、食品はすべてAmazonへの申請が必要になります。

テクニカルサポート

申請はテクニカルサポートから行います。

・テクニカルサポートにアクセス

テクニカルサポート

・Amazon出品サービスをクリック

・Amazonから出荷(FBA)」をクリック

・上記以外のFBAの問題をクリック

・Eメールタブをクリック

件名に申請のタイトルを記入、質問の内容に申請内容を記入します。

申請内容を入力しましたら、送信をクリックします。

内容にもよりますが、1~2日で返事がくることが多いです。

テクニカルサポートはAmazonセラーに寄り添って返答してくれることが多いので僕は大好きです。

今回の件に限らずテクニカルサポートはAmazonで販売をする上で、とても頼りになる存在です。

ぜひ活用しまくりましょうw

FBA倉庫に郵送

FBA倉庫へ郵送の際にはルールがあります。

1.要期限管理の商品のみで梱包する。

・他の要期限管理のない商品とは別に納品する必要があります。

・要期限管理のある商品であれば、別の商品と一緒に梱包することができます。

・同じASINの商品は、同じ期限管理のものを納品する。

2.輸送箱の区分け


同じASINで複数の消費期限がある場合には、消費期限毎に納品プラン及び輸送箱を分ける必要があります。

仕入れる際まで、消費期限が分らない場合がありますので要注意ですね。

3.シート貼付

輸送箱に要期限管理商品のシートを貼付する必要があります。

A5サイズでプリントアウトし貼付します。

以上でFBA倉庫、要消費期限商品の納品についての解説記事を終わります。

最後に

印字の要件不備で納品を断れる場合がありますので注意してください。

納品不備の一例をご確認ください。

説明だけでは大変に感じるでしょうけど、実際にやってみると以外に簡単に感じます。

ぜひ要消費期限商品も扱い、売上アップを目指してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加しています。今回の記事が少しでも参考になりましたらポチっと押していただけると嬉しいです!!

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする